VRインサイド

企業だけじゃない!政府も続々と導入するVR

政府はこれまでVRなどのように注目を集めているテクノロジーに飛びつくことがあまりありませんでした。官僚主義的な性格や予算の制限、変化に対する拒否感などがその理由の一部です。しかし驚くべきことに、VRは主流なものになってから18ヶ月ほどしか経っていないにも関わらず、自治体から連邦政府レベルに至るまで、政府はVR技術をイノベーティブに活用しているユーザーの一例です。VRの何が政府職員の心を捉え、どのようにして効率的に使われるようになったのでしょうか。最初の問いに答えるために、VRが正当に評価されていない2つの点について理解することが必要です。それは経費削減と配備の容易さです。経費削減に関していえばVRアプリを配布することは既に動画の政策よりも安いものになっています。新卒の訓練においても移動コストや講師の拘束時間の削減を行うことができ、またスマートフォンからでもVRにはアクセス可能であり、iOSやAndroidベースの廉価なヘッドセットの存在は社員や外部の視聴者にVRを届けることを容易にしているのです。

トレーニングのためのVR

トレーニング用アプリの開発はウェブベースのVRアプリ作成ツールの使われ方として急速に伸びてきました。連邦政府の一部門ではInstaVRで作られたアプリが使われていて、例えば新人にはまず実際の環境に行かせる前にバーチャルで体験させます。その理由は現実的なものだ。VRを使うことで新しいロケーションに馴染んでもらい、実地のOJTに備えるためであるのです。しかし政府が予算的な理由からVRを職業訓練に用いているというのも否定できません。ある部門では100台ものGear VRヘッドセットと携帯を出張事務所に送りつけているのです。ハードウェアに費用はかかるものの、バーチャルに訓練を行うのはリアルに行うのと比べてコスト面での利点があるのです。またトレーニング用ビデオの多くは全米のオフィスを通じて何度も繰り返し利用できるものです。VR職業訓練の総コストはトレーニング関係全体の予算より少額で、節約できる時間や従業員のパフォーマンス向上は計り知れないほどの価値があります。

自転車で仮想都市を疾走! VRできつい運動も楽しく

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などデジタル技術を生かした新たなスポーツが次々と生まれています。既存のスポーツにデジタルならではの特殊効果を加え、年齢や運動能力を問わずにゲーム感覚で楽しめて運動にもなるのです。点数を競うだけでなく参加者のコミュニケーションを円滑にする効果もあります。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ人口が増えれば、健康増進や市場拡大にもつながりそうです。平日の午後7時、渋谷駅近くのフィットネススタジオ。男女約20人がインストラクターの掛け声で一斉に自転車のペダルをこぎ始めました。スポーツクラブ大手のルネサンスが3月に開いた「サイクル&スタジオR渋谷」です。幅12メートルの巨大スクリーンに映し出されるのは、高層ビルがそびえる未来都市をイメージしたVRなのです。ニュージーランドの企業が開発したプログラム「ザ・トリップ」は画面から飛び出すような映像が特徴です。起伏に富んだ空中回廊をジェットコースターのような速さで一気に駆け下りるというものです。

体に背負う「バックパック型PC」は何に使う?

“体に背負って使うPC”が各メーカーから続々と登場しているのをご存じでしょうか。デスクトップPCでもノートPCでもない、身に付けられる「バックパック型PC」は、どのような場面で利用されるのでしょうか。実はこのバックパック型PC、話題のVR(仮想現実)に特化しています。説明の前に、まずはVRについて整理しておきましょう。VRを楽しむために必要な周辺機器は、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と、スマートフォンまたはハイスペックPC、ゲーム機などが必要です。最も手軽に楽しめるのは、数千円程度で販売されているスマホ用の簡易VRゴーグルで360度動画を再生する方法です。YoTubeアプリでVR対応の動画を検索すれば結構な数が出てきますので、それらを見るだけでもかなり堪能できます。VR対応の動画は3D映画を見ているような感覚に近いです。スマホ内蔵のセンサーを活用することで、動画内で顔を向けた方向に視点を動かすことができます。まるでその場にいるような気分になりますが、これらはあくまで撮影された動画を再生しているだけです。

日本市場の弱点を逆手に世界展開 伸び悩むAR/VR業界にエレコムが本腰

エレコムは10月2日、AR/VRコントローラのソフトウェア開発キット(SDK)「Vroom(ヴルーム)」を開発したワンダーリーグと提携し、AR事業に本格参入すると発表しました。IDCの調査によると、全世界のAR/VR市場は2017年で約1.2兆円だそうですが、21年には約24兆円まで成長するということです。毎年平均213%という高い成長率ですが、これを日本だけでみると167%まで下がります。原因はスマートフォンのOSシェアでiOSが過半数を占める特異な市場構造にあるためです。現在のAR/VRのプラットフォームはハードウェア主体で、スマートフォンであればAndroidの一部端末が対象です。結果、対応端末が世界では約22%なのに対して、日本は約2%にとどまっているのです。しかし、エレコムの梶浦幸二 常務取締役は、この足かせがチャンスになるとみているのです。iOS向けのAR/VR市場は開拓されておらず、パイオニアとなれば世界市場に打って出ることも可能だからです。17年2月時点で、iPhoneユーザーは日本で0.5億人、米国で1.2億人、中国で2.7億人と推測されているのです。

「マインクラフト」「Halo」「SteamVR」が「Windows MR」にやってくる

米Microsoftのテクニカルフェローで“HoloLensの父”と称されるアレックス・キップマン氏は8月28日(現地時間)、MR(複合現実)プラットフォーム「Windows Mixed Reality(以下、Windows MR)」の進捗について説明しました。MR対応ヘッドセットはホリデーシーズンまでにHP、Lenovo、Dell、Acerから発売される。いずれもコントローラ付きで、最も安いものは399ドルとなります。同時期に、Windows MR Readyな新たなPC「Windows Mixed Reality PC」および「Windows Mixed Reality Ultra PC」も発売しました。こちらは499ドルからとなっています。名称から分かるように、Windows Mixed Reality PCは必要最低限の要件を満たすPCで、Windows Mixed Reality Ultra PCは必要十分なスペックのPCとなっています。前者の動画再生は60fpsで、後者は90fpsです。

「ONE PIECE」企画展がマレーシアで!キャラ描かれる様子体験できるVRも

尾田栄一郎「ONE PIECE」の企画展「Eiichiro Oda presents Hello, ONE PIECE Luffy is here!」がマレーシア・クアラルンプールのISETAN The Japan Store Kuala Lumpur 3F THE CUBE/CUBE_1で、現地時間の8月26日から10月18日まで開催されます。会場には60点以上のカラーイラストや尾田の仕事場をイメージしたデスクが展示されるほか、作画の様子を収めたムービーなども上映します。また「ONE PIECE」のキャラクターが描かれる様子を尾田になりきったように体験できる、VR技術を用いたコーナー「Hello, Playful World!」なども設けられるということです。8月25日には記者発表会と内覧会が行われ、週刊少年ジャンプ(集英社)の中野博之編集長らが登壇しました。中野編集長は「日本のマンガは国内のみならず、海外でも広く親しまれるようになりました。中でも『ONE PIECE』は、連載開始以来、ずっとトップの人気を獲得し続け、今や世界中で愛されるタイトルとなっています」と挨拶しました。

“知ってましたか? ハウステンボスは日本最大のVR施設なんです “

光と音に合わせて踊るもよし、世界最強のジェットコースターで絶叫するもよし。ヨーロッパの街並み。チューリップやバラに代表される四季折々の花々。1300万球を超える世界最大級のイルミネーション……。長崎・ハウステンボスと聞いて思い描くイメージはじつに多彩だ。しかも、ハウステンボスにはゲームファンが興味を抱く、日本最大の施設がある。それは、VRアトラクション施設。意外に思われるかもしれませんが、園内には約30種類のVRアトラクションが常設されていて、2017年3月からは“VRの館”、”VR心霊百物語~廃病院~”、“DRAGON WORLD TOUR”の3施設がオープン。アトラクションに応じて、OculusやHTC Vive、FOVEなど、さまざまなHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を採用しています。特筆すべきはファミリーでも楽しめる点で、8歳以上であればお子さんも体験できるVRアトラクションが充実しているのはハウステンボスならではと言えるでしょう。

バーチャルリアリティを「Dpower」で体験する

バーチャルリアリティはリアルな環境を再現することができ、その非現実的な場所に自分がいるかのように感じさせてくれます。
テレビなどでジェットコースターに乗った映像を見て驚くシーンがありますが、あのリアルに怖い感覚は実際に体験することによって更にリアルに味わうことができます。
ですので、まだバーチャルリアリティを体験したことがない人は早く体験したほうが良いと思います。
そんな人は自宅でスマートフォンとVRゴーグルを使用して体験できるのをご存知でしょうか?
VRゴーグルは色々なメーカーから発売されていますが、初めての人でも気軽に使用できるのは「Dpower」のVRゴーグルです。
このVRゴーグルは4インチから7インチまでのスマートフォンに対応しており、軽量設計になっていますので長時間使用しても疲れにくくなります。
また、柔らかいパッドと調節可能なT字型ストラップが付いていますので快適にバーチャルリアリティを楽しむことができると思います。
それに、瞳孔間距離や焦点距離が調節できますのでメガネを使用している人でも気持ち良く楽しめますね。
このようなVRゴーグルは価格が安く設定されていますので誰でも気軽に試すことができるのではないでしょうか。

安全な治療室の中、VRで恐怖と向き合う最新の不安障害治療

心理療法に「暴露療法」というものがあります。認知行動療法の1つで、患者が不安や恐怖を抱いている対象物にあえて触れさせるというものです。例えば、高所が怖い人をあえて高いところに連れて行く、という具合です。実際にその場所へ行くなどして物理的に体験してもらうことを「現実暴露」、頭の中でイメージして行うものを「イメージ暴露」と言います。シリコンバレーの新興企業リンビックスはこのほど、VRで暴露療法による治療を行えるツールのテストを終了しました。テストは、少数のセラピストに依頼し、実際にツールを使って治療してもらうものだったのです。ツールは、VRを体験できるグーグルのヘッドセット「Daydream View(デイドリーム・ビュー)」を使いスマートフォンのアプリから操作します。リンビックスによると、現実暴露とイメージ暴露のいずれにも使用できるものです。デイドリーム・ビューを使ったVRによる治療なら、治療室から出ることなく暴露療法が行える。例えば飛行機恐怖症の治療でも、わざわざ飛行機に乗る必要はないということですね。

« 前ページへ次ページへ »

Mexico