VRインサイド

サムスンの折り畳み式スマホに注目!2018年は新作スマホが続々登場?

2018年の月末に発売が予定されているスマホに、サムスンの折りたたみ式スマホがあります。
米国のラスベガスでは、1月9日から12日まで開かれた見本市、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーで、特別に選ばれたクライアントだけに、2種類のサンプルが披露されました。注目されているのは、内曲げだけでなく外曲げまでできるところです。
スリムになって持ち運びしやすく、さらに携帯しやすいスマホなので、利便性は高いでしょう。
○2018年、新作スマホが目白押しのサムスン
サムスンは、2018年にフラグシップ機のギャラクシーS9とS9+をリリースする予定だと伝えられています。さらにこの半年後には、Galaxy Note 9の登場も控えています。
それにも関わらず、サムスンの2018年は、それだけでは終わらないかもしれないという推測がされています。
3つ目のフラグシップ機となる折りたたみ式スマホ「Galaxy X」が公開される可能性も極めて高いのです。
サムスンの勢いが止まらない一年となりそうですね。セキュアなPC遠隔サポートソリューション RemoteCall

格安スマホ関連のニュース

皆さんこんにちは。今日は格安スマホについてのお話です。
総務省は2017年12月20日、格安スマホを含めた事業者間の公正競争促進に向けた施策を議論する、有識者会議「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」を開催すると発表しました。
○1回目は12月25日に開催
第1回めは12月25日の日程に開催され、数回程度の議論を重ね、2018年3月までにまとめる予定です。
格安スマホを手掛けるMVNOのサポートによって、金の低廉化やサービスの多様化につなげていくことが目的です。
総務省は有識者会議が検討しようとしていることは、「携帯電話大手とMVNOの間の同等性確保」や、「MVNO間の同等性確保」です。
格安スマホ市場における「サブブランド問題」が大きなテーマとなりそうです。
○具体的には…
ソフトバンクが手掛ける「Y!mobile」、KDDI系のUQコミュニケーションズが展開する「UQ mobile」などが具体例です。
MMDLaboが実施したユーザーアンケート調査によると、2017年9月時点における格安スマホのシェアは、Y!mobileが1位という結果です。
2位の楽天モバイルとも、大きく差をつけました。
UQ mobileは4.5%の6位に留まりますが、市場全体の失速が目立ち始めた昨今でも、順調に契約数を伸ばしてきています。
これらのサブブランドは、「派手な広告宣伝を展開するだけでなく、テザリング機能の提供などで優遇を受けている」といった指摘が一部で出ており、MVNOの不満も高まっています。
参照URL

リモートアクセスはグローバル化に対応してくれます

グローバル化がすすんでいる世の中に置いて歯、ダイバーシティ(多様性)を尊重する考え方が浸透し、企業にも社員のライフスタイルを考慮したゆとりある働き方ができる環境を提供していかなければなりません。
そのためにも、リモートアクセスが役立ちます。
社内で共有する情報を一元化するリモートアクセスの導入は、これまで必要とされた情報共有や進捗状況確認のための会議、連絡、報告書作成といったルーティンなどの業務から社員を解放し、無駄な残業時間を削減し、ゆとりある働き方を推進します。
先程の営業支援システムを導入した企業からは、同システムの活用によって残業時間の削減と同時に受注件数の大幅アップを達成した例もあります。
○たまった情報資源の再活用
社内で共有される情報のターミナルとなるリモートアクセスは、日々蓄積される報告書や指示、アドバイスなどを情報資源として蓄積するデータベースとしても機能します。
例えば営業部署であれば、日々の報告の中には受注に至るまでの成功パターンや失敗した原因、顧客の需要動向などのビッグデータが眠っていることになります。
これを抽出・分析して確実な受注に結びつけるためのベストプラクティスとして、リモートアクセスを活用していくことが可能となってきます。Web会議システム リモートミーティング(RemoteMeeting)

スマホのバッテリーがすぐ切れる!その原因は意外なあれだった?

スマホのバッテリーが知らない間に切れているなんて事、よくありませんか?
実は意外なあの事も影響していたようです。
それは何だったのでしょうか。
○大きい画面はバッテリーが減りやすい?
意外と知られていませんが、画面は内部パーツの次に、たくさんのエネルギーを費やしてしまいます。
細ベゼル化や画素の増加は、その消費量をさらに増やしてしまうでしょう。
そのため、画面を点灯する回数や時間を減らすことは、バッテリーを確保するためにも重要なことです。
画面の輝度を抑えるだけでも、予想以上の効果が期待できるでしょう。
また、背景を真っ黒にする、ダークモードを使うなどといった方法もおすすめです。
液晶とは異なり、バックライトも使わず、「黒」を表示している画素はほとんどいっさいエネルギーを使用していません。
この特性を有効活用してみると、案外バッテリーの減りを防ぐことができるのです。
○繰り返し充電しているとバッテリーがなくなりやすい?
0%になってから充電するよりも、残量が40%~80%の時に随時充電するのが、バッテリーにも優しいようです。リモートサポート

リモートアクセスってどんなサービスなの?

○リモートアクセスは企業に役立つサポートサービスです
リモートアクセスを導入したい企業は多いですが、リモートアクセスには、利用者だけ課金を行うという「従量課金制」のサービスがあります。
リモートアクセスは、次のような企業に適したサービスと言えるでしょう。
・リモートアクセスを試験的に運用したい
・規模の人員で低コストの運用を実現させたい
重量課金制サービスにおいては、リモートアクセスで接続したいPCに付属しているUSBトークンを差し込みます。これだけでも対応できるパソコンへリモートアクセスすることができるでしょう。
○ユーザーを限定してリモートアクセスさせることも可能です
管理者が権限を与えている人だけ接続できるタイプなど、ユーザーを限定してリモートアクセスを利用できるものもあります。
USBトークンの配布やアクセス権限の管理には手間がかかり、接続人数が限定されることは、大規模な組織では不向きとなってしまうでしょう。リモートサポート アプリ

企業だけじゃない!政府も続々と導入するVR

政府はこれまでVRなどのように注目を集めているテクノロジーに飛びつくことがあまりありませんでした。官僚主義的な性格や予算の制限、変化に対する拒否感などがその理由の一部です。しかし驚くべきことに、VRは主流なものになってから18ヶ月ほどしか経っていないにも関わらず、自治体から連邦政府レベルに至るまで、政府はVR技術をイノベーティブに活用しているユーザーの一例です。VRの何が政府職員の心を捉え、どのようにして効率的に使われるようになったのでしょうか。最初の問いに答えるために、VRが正当に評価されていない2つの点について理解することが必要です。それは経費削減と配備の容易さです。経費削減に関していえばVRアプリを配布することは既に動画の政策よりも安いものになっています。新卒の訓練においても移動コストや講師の拘束時間の削減を行うことができ、またスマートフォンからでもVRにはアクセス可能であり、iOSやAndroidベースの廉価なヘッドセットの存在は社員や外部の視聴者にVRを届けることを容易にしているのです。

トレーニングのためのVR

トレーニング用アプリの開発はウェブベースのVRアプリ作成ツールの使われ方として急速に伸びてきました。連邦政府の一部門ではInstaVRで作られたアプリが使われていて、例えば新人にはまず実際の環境に行かせる前にバーチャルで体験させます。その理由は現実的なものだ。VRを使うことで新しいロケーションに馴染んでもらい、実地のOJTに備えるためであるのです。しかし政府が予算的な理由からVRを職業訓練に用いているというのも否定できません。ある部門では100台ものGear VRヘッドセットと携帯を出張事務所に送りつけているのです。ハードウェアに費用はかかるものの、バーチャルに訓練を行うのはリアルに行うのと比べてコスト面での利点があるのです。またトレーニング用ビデオの多くは全米のオフィスを通じて何度も繰り返し利用できるものです。VR職業訓練の総コストはトレーニング関係全体の予算より少額で、節約できる時間や従業員のパフォーマンス向上は計り知れないほどの価値があります。

自転車で仮想都市を疾走! VRできつい運動も楽しく

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などデジタル技術を生かした新たなスポーツが次々と生まれています。既存のスポーツにデジタルならではの特殊効果を加え、年齢や運動能力を問わずにゲーム感覚で楽しめて運動にもなるのです。点数を競うだけでなく参加者のコミュニケーションを円滑にする効果もあります。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ人口が増えれば、健康増進や市場拡大にもつながりそうです。平日の午後7時、渋谷駅近くのフィットネススタジオ。男女約20人がインストラクターの掛け声で一斉に自転車のペダルをこぎ始めました。スポーツクラブ大手のルネサンスが3月に開いた「サイクル&スタジオR渋谷」です。幅12メートルの巨大スクリーンに映し出されるのは、高層ビルがそびえる未来都市をイメージしたVRなのです。ニュージーランドの企業が開発したプログラム「ザ・トリップ」は画面から飛び出すような映像が特徴です。起伏に富んだ空中回廊をジェットコースターのような速さで一気に駆け下りるというものです。

体に背負う「バックパック型PC」は何に使う?

“体に背負って使うPC”が各メーカーから続々と登場しているのをご存じでしょうか。デスクトップPCでもノートPCでもない、身に付けられる「バックパック型PC」は、どのような場面で利用されるのでしょうか。実はこのバックパック型PC、話題のVR(仮想現実)に特化しています。説明の前に、まずはVRについて整理しておきましょう。VRを楽しむために必要な周辺機器は、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と、スマートフォンまたはハイスペックPC、ゲーム機などが必要です。最も手軽に楽しめるのは、数千円程度で販売されているスマホ用の簡易VRゴーグルで360度動画を再生する方法です。YoTubeアプリでVR対応の動画を検索すれば結構な数が出てきますので、それらを見るだけでもかなり堪能できます。VR対応の動画は3D映画を見ているような感覚に近いです。スマホ内蔵のセンサーを活用することで、動画内で顔を向けた方向に視点を動かすことができます。まるでその場にいるような気分になりますが、これらはあくまで撮影された動画を再生しているだけです。

日本市場の弱点を逆手に世界展開 伸び悩むAR/VR業界にエレコムが本腰

エレコムは10月2日、AR/VRコントローラのソフトウェア開発キット(SDK)「Vroom(ヴルーム)」を開発したワンダーリーグと提携し、AR事業に本格参入すると発表しました。IDCの調査によると、全世界のAR/VR市場は2017年で約1.2兆円だそうですが、21年には約24兆円まで成長するということです。毎年平均213%という高い成長率ですが、これを日本だけでみると167%まで下がります。原因はスマートフォンのOSシェアでiOSが過半数を占める特異な市場構造にあるためです。現在のAR/VRのプラットフォームはハードウェア主体で、スマートフォンであればAndroidの一部端末が対象です。結果、対応端末が世界では約22%なのに対して、日本は約2%にとどまっているのです。しかし、エレコムの梶浦幸二 常務取締役は、この足かせがチャンスになるとみているのです。iOS向けのAR/VR市場は開拓されておらず、パイオニアとなれば世界市場に打って出ることも可能だからです。17年2月時点で、iPhoneユーザーは日本で0.5億人、米国で1.2億人、中国で2.7億人と推測されているのです。

« 前ページへ次ページへ »

Mexico