VRインサイド

働き方改革は生き残りをかけた企業戦略

現在、実にたくさんの企業が働き方改革に力を入れています。厚生労働省の「働き方・休み方改善ポータルサイト」を見ても、数百件におよぶ取り組み事例が載っているのです。しかし、これでもほんの一部といったことであり、まさに「猫も杓子(しゃくし)も」という状態になってきたようです。そうなると、「みんながやっているからこっちも…」「何かやらないと乗り遅れるかもしれない…」と考える企業が後を絶たないのも理解できます。「担当者にさせられた」「何をしたらよいか教えてほしい」という声もよく耳にします。実際にそういった人はどの職場にも、いることでしょう。そんな受け身の姿勢では改革は成功しません。働き方改革は、生き残りをかけた企業戦略となっているのです。「何のためにやるのか?」(Mission)、「何を目指してやるのか?」(Vision)、「何を大事にして進めるのか?」(Value)が問われています。頭文字を取って「MVV」と呼んでいるのです。

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico