VRインサイド

スマートフォンで操作できる「LEGO バットモービル」

レゴで自作した乗り物を、童心に帰って手で動かすだけでも楽しいものです。しかし、今の時代はもっとハイテクに、スマートフォンで操れるようになったのです。321ピースから成る「レゴ バットマン」の発売は8月1日で、価格は北米にて160ドル(約1万7,700円)となりました。電池ハブとモーター2個といったパーツがあるので、気持ちお高いのはやむなしといったところでしょうか。そして、今年の後半には、自分でコーディングできるようになり、タンブラーの動きを思うがままにプログラムできるようになるとのことです。「パワード・アップ・プラットフォーム」はタンブラーだけでなく、「ニンジャゴー・ストームブリング・ドラゴン」、「レゴ シティ北極探検トラック」も今年中に登場します。タブレット端末でコードを作って動かす「レゴ・ブースト」も「レゴ クリエイター エキスパート」シリーズの「ローラー・コースター」と組み合わせて操作ができるようになるのです。凄いのは、このシリーズが最終的にレゴ・テクニックを好きなように可動させる「マインドストーム」とも連動できるようになるということです。

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico