VRインサイド

アップルがiPhoneを撤退する?

アップルと言えばiPhoneですが、そのアップルが、iPhone Xの生産量を減らすというのです!
しかも、当初予定していた「半減」という大幅な見直しです。
○iPhone Xの販売が危機を迎えている?
これまでの国内市場の生産量を考えるとこれは衝撃的な知らせですが、グローバル市場の観点から言ってみると、すでにメインになっているスマホはAndroid端末であり、グローバルシェアは70~80%以上にもなります。
もちろん第2位はiOSを搭載したiPhoneですが、販売シェアについては20%未満です。
日本はiOSが70%、Androidが30%とほぼ逆転しています。
○1000ドルのスマホは高いから?
グローバルマーケットでiPhone XよりもAndroidがメインとなっている理由は、明確です。
値段が安いからです。
もちろん、Samsung Galaxyのような高機能を搭載したモデルもあります。
オープンなプラットフォームであるAndroidは参入もしやすく、多数のプレーヤーが自由に競争しています。
ユーザーにとっては選択肢も豊富で、使いやすいです。とくに新興国ではAndroidのシェアが圧倒的です。

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico