VRインサイド

リモートアクセスはグローバル化に対応してくれます

グローバル化がすすんでいる世の中に置いて歯、ダイバーシティ(多様性)を尊重する考え方が浸透し、企業にも社員のライフスタイルを考慮したゆとりある働き方ができる環境を提供していかなければなりません。
そのためにも、リモートアクセスが役立ちます。
社内で共有する情報を一元化するリモートアクセスの導入は、これまで必要とされた情報共有や進捗状況確認のための会議、連絡、報告書作成といったルーティンなどの業務から社員を解放し、無駄な残業時間を削減し、ゆとりある働き方を推進します。
先程の営業支援システムを導入した企業からは、同システムの活用によって残業時間の削減と同時に受注件数の大幅アップを達成した例もあります。
○たまった情報資源の再活用
社内で共有される情報のターミナルとなるリモートアクセスは、日々蓄積される報告書や指示、アドバイスなどを情報資源として蓄積するデータベースとしても機能します。
例えば営業部署であれば、日々の報告の中には受注に至るまでの成功パターンや失敗した原因、顧客の需要動向などのビッグデータが眠っていることになります。
これを抽出・分析して確実な受注に結びつけるためのベストプラクティスとして、リモートアクセスを活用していくことが可能となってきます。Web会議システム リモートミーティング(RemoteMeeting)

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico