VRインサイド

企業だけじゃない!政府も続々と導入するVR

政府はこれまでVRなどのように注目を集めているテクノロジーに飛びつくことがあまりありませんでした。官僚主義的な性格や予算の制限、変化に対する拒否感などがその理由の一部です。しかし驚くべきことに、VRは主流なものになってから18ヶ月ほどしか経っていないにも関わらず、自治体から連邦政府レベルに至るまで、政府はVR技術をイノベーティブに活用しているユーザーの一例です。VRの何が政府職員の心を捉え、どのようにして効率的に使われるようになったのでしょうか。最初の問いに答えるために、VRが正当に評価されていない2つの点について理解することが必要です。それは経費削減と配備の容易さです。経費削減に関していえばVRアプリを配布することは既に動画の政策よりも安いものになっています。新卒の訓練においても移動コストや講師の拘束時間の削減を行うことができ、またスマートフォンからでもVRにはアクセス可能であり、iOSやAndroidベースの廉価なヘッドセットの存在は社員や外部の視聴者にVRを届けることを容易にしているのです。

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico