VRインサイド

自転車で仮想都市を疾走! VRできつい運動も楽しく

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などデジタル技術を生かした新たなスポーツが次々と生まれています。既存のスポーツにデジタルならではの特殊効果を加え、年齢や運動能力を問わずにゲーム感覚で楽しめて運動にもなるのです。点数を競うだけでなく参加者のコミュニケーションを円滑にする効果もあります。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ人口が増えれば、健康増進や市場拡大にもつながりそうです。平日の午後7時、渋谷駅近くのフィットネススタジオ。男女約20人がインストラクターの掛け声で一斉に自転車のペダルをこぎ始めました。スポーツクラブ大手のルネサンスが3月に開いた「サイクル&スタジオR渋谷」です。幅12メートルの巨大スクリーンに映し出されるのは、高層ビルがそびえる未来都市をイメージしたVRなのです。ニュージーランドの企業が開発したプログラム「ザ・トリップ」は画面から飛び出すような映像が特徴です。起伏に富んだ空中回廊をジェットコースターのような速さで一気に駆け下りるというものです。

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico