VRインサイド

安全な治療室の中、VRで恐怖と向き合う最新の不安障害治療

心理療法に「暴露療法」というものがあります。認知行動療法の1つで、患者が不安や恐怖を抱いている対象物にあえて触れさせるというものです。例えば、高所が怖い人をあえて高いところに連れて行く、という具合です。実際にその場所へ行くなどして物理的に体験してもらうことを「現実暴露」、頭の中でイメージして行うものを「イメージ暴露」と言います。シリコンバレーの新興企業リンビックスはこのほど、VRで暴露療法による治療を行えるツールのテストを終了しました。テストは、少数のセラピストに依頼し、実際にツールを使って治療してもらうものだったのです。ツールは、VRを体験できるグーグルのヘッドセット「Daydream View(デイドリーム・ビュー)」を使いスマートフォンのアプリから操作します。リンビックスによると、現実暴露とイメージ暴露のいずれにも使用できるものです。デイドリーム・ビューを使ったVRによる治療なら、治療室から出ることなく暴露療法が行える。例えば飛行機恐怖症の治療でも、わざわざ飛行機に乗る必要はないということですね。

No comments yet. Be the first.

Que piensas

Mexico